自宅で簡単に作れるおやつにはまってます

スーパーやドラッグストアに行けば色んな種類のお菓子が売っていて、
ついあれこれ買いすぎてしまいます。
でも市販のお菓子は塩分や油分、
糖分が多く含まれていて食べ過ぎると健康や美容に良くありません。

 

そんなことを気にし始めたことがきっかけで私がはまったのが、自分でお菓子を作ることです。
といっても洋菓子屋さんに売っているようなオシャレなお菓子でもなければ、作ることにテクニックが必要な難しいものではありません。
あくまでも簡単に、お砂糖や牛乳や卵などの基本的なものをつかったものばかりで誰でもできるようなお菓子ばかりです。

 

なかでも、私の中で今一番マイブームなのがクックパッドで紹介されていた大学いも風のさつまいものお菓子です。
作り方は至って簡単、お砂糖と油とさつまいもを用意するだけ。
あとはフライパンに薄く油をひいて、お砂糖をその油のなかに入れて手頃なサイズに切ったさつまいもを揚げるようにするだけ。
15分ほどで甘くてほくほくの美味しいおやつが出来上がります。
さつまいもだと健康にも美容にもいいし、とついつい作ってはすぐにたいらげてしまいます。それぐらい美味しいです。

 

他にもかぼちゃや芋類
スイートポテトにしたり簡単プリンを作ったりと、ちょっと一手まで美味しいお菓子がたくさん作れます。
手作りお菓子もいいものですよ。


高校時代の友達から久し振りの電話

最近高校の時の友人の女の子から電話があり、仕事をやめようと思っていると言う旨の電話でした。
最近、全く連絡をとっていなくて、久しぶりの電話だと思ったら延々と仕事に関する愚痴をきかされたのでした。

 

彼女曰く、現在働いている会社は私を過小評価しすぎている、とか本気になれば私を採用してくれる会社というのはたくさんあるとか、
そんな感じのことでした。
私は彼女の性格から察するにおそらく会社の人間関係が嫌になったと言う事だろうと心の中では思っていたのですが、
それをいってしまうと喧嘩になるので言わないでおきました。

 

それで彼女にこれからどうするかと聞くと、再就職はしないで大学院にいくといいました。
私はその彼女の答えに少々驚きを隠しませんでした。
彼女はもともと大学で心理学を学び、結構熱心に学んでいたそうです。

 

私は理系に進み、理系の大学を卒業したので彼女がどういった勉強をしていたのか、というのは具体的にしらないのですが、
結構、大学での成績はよかったらしいです。

 

会社員時代は働くことばっかりで貯金も結構溜まっているのでそれをがくひにあてるということでした。
これからまた勉強しようと言う気になる彼女に対して、私は本当にすごいな、と思うばかりでした。